01

桐生のお店に関しては、「前は何度も通ったことがあるけど入ったことはない」という店がいくつもあります。しみずやもその一つ。ここにソースかつ丼があると聞いて入ってみました。
 
02

メニューの下にたしかに「ソースカツ丼」があります。740円。さっそく頼んでみます。
 
05

スポーツ新聞を読み終え、朝日新聞にうつったところで、料理が出てきました。出てくるまで時間がかかったというより、スポーツ新聞に読むところがないんですね。これはスポーツ新聞が変わったというより、スポーツ新聞というメディアを囲む環境が変化したということなんだと思います。

03

特に頼んだわけでもないのですが、小さな丼のうどんが一緒に出てきました。一二三屋支店と同じパターンですね。どうやら「うどんとミニソースカツ丼」というセットもあるようです。この店はうどんに力を入れているみたいなので(というかソースかつ丼を出しているうどん屋はみんなうどんに力を入れている)、主従関係としては小丼のソースかつ丼を頼むのが正解なのでしょう。

ごはんの上にキャベツも、レタスも、海苔ものっていない、極めてオーソドックスな桐生スタイルです。かつの味もおいしいし、タレもくどすぎない。


■ご飯へのソースのかかり方
 
04

かつに染みたソースがごはんにうつったという感じなのかなとも思ったのですが、食べてみると中にもそれなりに染みていたので、ごはんにもかけているんですかね。白いごはんに染みたソースが食欲をそそります。やっぱり個人的にはキャベツとかはないほうがいいなあ。

ここは親子でやっているみたいですが、注文を受けるのも、料理を出すのも、会計をするのも、息子さんがやっていました。応対がきびきびして気持ちいいなあ。

[2013年10月13日訪問] 


 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 桐生駅西桐生駅新桐生駅