IMG_9703


このブログで、桐生でソースかつ丼を食べたお店はこれまでに32店。桐生にいくつの飲食店があるかは知りませんが、事前に「ソースかつ丼がある」という情報を持って訪れる店というのは、正直、品切れ状態です。「豚ヒレソースカツ丼」があるらしい「三吉湯」は、桐生に行くたびにのぞいてみるのですが、いつも営業時間外のようで、すごすごと別の店を探すことになります。

これからは見つけた飲食店に手当たり次第に入ってみるしかないか。

実際、桐生の場合、うどん屋でもとんかつ屋でもラーメン屋でも、ソースかつ丼がある可能性は否定できません。

というわけで、車で前を通った「田沼屋」に入ってみました。ここはひもかわが人気のお店らしいです。「ひもかわが人気」と言えばふる川桃太郎ですが、どちらにもソースかつ丼はありました。さて田沼屋にもソースかつ丼はあるか。

 ──ありませんでした。

ライス系はカレーライスのみ。「カレーライス(丼)」というのが気になりますが、ソースかつ丼はありません。

IMG_9700

というわけで、頼んだのは「焙煎スパイスキーマカレー 豆乳 ひもかわ」の「黒帯」。改めて説明すると「ひもかわ」というのは幅広の麺で、「黒帯」というのは竹炭を練り込んだ麺のことだそうです。

IMG_9702
 
私はカレーの器にひもかわをつけて食べていたのですが、途中でメニューに食べ方が書いてあることに気づきました。それよれば、豆乳に浸かっているひもかわをお皿に盛って、その上にキーマカレーをかけて食べるのが正しい食べ方だそうです。昭和のひもかわはざるうどんですらなく、かけうどんとして、ただどんぶりに入っている麺を食べるだけだったのですが、いつのまにか難易度が上がっています。

カレーはおいしかったし、ひもかわもしっかりしていたから、次は普通のカレーうどんを頼んでみよう。