000

会津のソースかつ丼なのに前回訪れたときはヒレを頼んでしまった「キッチンプライパン」で、今度はオーソドックスにロースを頼みました。800円。前に教えてもらったとおり、ごはんは少なめにして、セットはみそ汁ではなくコーンスープを選びます。

001


厨房がよく見える席だったので、豚肉に衣をつけるところから、自分が食べるかつができる過程を見られるのはうれしいですね。

できてた丼はキャベツの緑が鮮やか。揚げたてのカツはやわらかいし、甘いソースもおいしいです。
 
002


店内に貼られた料理の説明には「デミグラスソースが入ったまろやかなソース」とあります。まあ、これは特大ロースの説明ですが、つかっているソースはみんな同じみたいなので、ある意味、会津ソースかつだけでなく、岡山のデミグラスソースかつ丼の要素も入っているといえるかもしれません。そう考え始めると白馬のデミカツ丼に似ているようにも思えてきます。

■ごはんへのソースのかかり方

003


前に来たときも思ったのですが、とにかくキャベツが大量。ごはんを少なめにすると、ごはんとキャベツの量が同じくらい、もしかしたらキャベツのほうが多いんじゃないかという状態になっていました。キャベツなしソースカツ丼で育った人間ですが、ここまでくると、これはこれですごく面白い。かつを別にして「ソースキャベツ丼」としても食べてみたのですが、それはそれでありなような気もしました。健康にも良さそうだし。

[2017年2月13日訪問]