01

桐生に行く途中で、ひさしぶりに足利のソースかつ丼を食べたいなという気分に。足利市観光協会のソースかつ丼ページから駐車場がしっかりありそうな「かつ一」という店に行ってみることにしました。「かついち」という店名の店は、以前、目黒の「かつ壱」に行ったことがあります。あそこの「かつ丼ソース味」はかなりボリュームがありました。さて足利のかつ一ではどんなソースかつ丼がでてくるのか。

店についてまず驚いたのは外観です。

02

お城のような外観。外観に負けず店内も広くて、流れる音楽も琴の音色でした。椅子も立派。こういうタイプの椅子って、ソースかつ丼を食べに入った店では経験したことがないような……。

03

メニューをみると、ランチメニュー以外のものも置いてあります。そちらには「ひれソースかつ丼」(1000円)というのがあるなあ。

04

気にはなりますが、お昼時に入ったのですから、ランチタイムの中から選ぶのが正しいかなと考えて、今回は「若鶏ソースかつ丼」を選びました。840円。

05

出てきたソースかつ丼は、お店のイメージ通り、やっぱりゴージャス。お膳は金色です。

06
07

かつは3個で、キャベツが敷かれています。ちょっと焦げた味がする衣には、ソースがたっぷりしみていました。かつはやわらかいですね。

■ソースのごはんへのかかりかた

08

ごはんにはほとんどソースがかかっていません。

この店で一番驚いたのは、セットメニューの選択肢。「セットにサラダかロゼワインかキャラメルのムースがつきますが」と聞かれたときには、おもわず聞き返してしましました。サラダとロゼワインとキャラメルムースが同一線上に並ぶとは。そしてロゼワインは選べるのにコーヒーは選べないとは。ちなみに大盛りもサービスでできるそうです。いや、奥が深い。

【2018年11月5日訪問】

関連ランキング:とんかつ | 足利駅足利市駅野州山辺駅