00

仕事で「上越妙高」という新幹線駅に初めて降りました。見事なくらい周辺がさっぱりしています。

01

近くにはコメダ珈琲店がある程度。駅に張られたポスターによると、コンテナを利用したという飲食店街がもあるみたいです。

コンビニも駅舎内の改札横にあるニューデイズくらいしか見あたりません。その迎えには観光案内所とお土産屋、そして「7つのおもてなし」という食堂が並んでいます。

02

食堂のメニューをみると、「たれかつ丼」があったので食べてみることに。900円。

03

出てきたたれかつ丼はかつ5つのっています。

04

かつを一口食べてみて、正直、ちょっと戸惑いました。これまでかつはかなり食べたと思うのですが、記憶にない食感です。

やわらかいんですけど、肉がやわらかい、というより、肉らしい食感がないというか。最後に肉をちぎるような感触がわずかにあるのですが、注意しないと気づかないくらい。なんとなくかつとは異なる食べ物を食べているような気になりました。たれかつらしい、甘い味付けも影響しているのかな。

■ごはんへのソースのかかりかた

05

ごはんには特にかけていないようです。たぶんかつのたれが染みたのかな。

そういえば、これまで新潟で食べたたれかつ丼で自ら「たれかつ丼」と名乗っているのは初めてですね。「とんかつ太郎」「ぐりる かんだ」も料理名は「カツ丼」でしたから。


[2019年4月21日訪問]

関連ランキング:喫茶店 | 上越妙高駅