00

渋谷で仕事を済ませたあと、昼食を食べる店を探しているときに、「信州かつ丼セット」というのぼりを見つけました。

01

のぼりには「揚げたての豚かつに特製正油のたれとたっぷりのかつおぶしで」と書かれています。もう一つの看板によると「元気が出るにんにく醤油味」だそうです。

02

2015年に新宿で信州屋というお店に入ったことがあります【「信州屋」で「信州カツ丼セット」(東京都新宿区)】。そこと同じ系列ですかね。

券売機ではなく、レジで前払いして、できあがったら取りに行くというシステム。さっそく並んで「信州かつ丼セット」を注文します。750円。セットの麺はもりそばを選びました。

03

カットされたかつには胡麻がまぶしてあり、まわりにかつおぶし。ごはんの上にはキャベツがしかれています。改めて写真を見返してみると、新宿で食べた「信州カツ丼」はもっとかつおぶしが大量ですね。

04

かつにかかった「特製正油のたれ」(もしくは「元気が出るにんにく醤油」)はさっぱりしているんですが、ちょっとスパイシーな風味も感じさせる味付け。おいしいです。

■ごはんへのソースのかかり方

05

特に染みてはいないみたいですが、こういう味はあまり濃すぎないほうがいいですよね。そして、ごはんに錦松梅的なふりかけがかかっているような味も。ソースかつ丼はどうしても味が単調になりがちなのですが、そこにアクセントをつけようという意図なのかな。

それとそばがおいしい。ボリュームもあっておなかいっぱいになりました。

06

(2019年10月21日訪問)


関連ランキング:そば(蕎麦) | 渋谷駅神泉駅